FC2ブログ

記事一覧

1番はじめにお客様になってくれた方のおはなし。

この春に革作家としての仕事をはじめて、1番はじめにオーダーをしてくれた方のお財布の話です。
わたしが営んでいる屋久島のダイビングサービスの常連の方です。
大阪人でね、いーっつも笑っていて、その方の口からマイナスな発言とか愚痴とか陰口とか一切聞いたことがないのです。
とってもとっても大好きな人。
その方がいきなり大容量の長財布のオーダーをしてくださいました。
なんと作家なりたての私にお財布オーダーです。どれくらいの技術があるかも分からない私にオーダーをしてくださった。本当にありがたいお話です。
革の色やステッチを選び、デザインや中の容量、カード入れの容量、大きさ、マチ、詳細を話し合って詰めていきます。  
正直いきなりとっても複雑な構造だったので、1週間くらい製作時間がかかってしまったけど、作ってる間はとっても楽しくて幸せな時間でした。
好きな人への物作りの時間て、こんなにも至福なんだと思いながら。
そして、できあがりです。



ダイバーらしい、とってもマリンな長財布です。
フランスのヴィンテージマリンボタンつき。
このデザインが今のわたしのベースとなっています。




さぁ、今日は今から空港へダイビングのゲストをお迎えに行ってきます。
最近古漬けをはじめたので、今日のランチに活躍です。

では 行ってまいります!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ariga-to

Author:ariga-to
こんにちは。
屋久島でひっそりと革作家をしております。

革は私たちの食事の副産物です。
私たちの心や体のエネルギーとなってくれた貴重な命を
廃棄することなく生活の中で使い続けてほしいと思っています。

そんな思いを込めて、革は人工の過程を一切加えていない天然のタンニン鞣しのものにこだわっております。

タンニン鞣し特有の発色の革になります。百貨店に並ぶような人工発色の鮮やかな色目のものはありませんが、革本来の質感や色をいかしたぬくもりと深みのある味わいを楽しんでください。

縫製はすべて手縫いです。革を磨く作業からはじまり、ステッチの部分にはあらかじめ溝を入れることで糸は切れにくくなっております。
丁寧に丹念に心をこめてお作りしております。