記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ものを大切に使うということ。

こんにちは。
今日も暑い屋久島からariga-toのMAIです。





先日、島でひそかに憧れをいだいている女性の方から依頼メールをいただきまきた。

ショルダーバッグのショルダーの長さを短くして欲しいとのことでした。


その方が前にインターネット上で書かれていた『屋久島、旅のツボ』という屋久島のお店を紹介している記事が大好きで楽しみに拝見しておりました。
何気ない田舎の屋久島のお店が彼女の書く文章でとっても輝くものに大変身。
丁寧でさりげなく、少し粋な文章を書く彼女の大ファンでした。

私はあなたの文章が、表現力がツボなんです♡とか思いながら読んでました。

屋久島、旅のツボ
http://mall.373news.com/felia/?p=56867










さて…ショルダーバックですが…

市販品はどうしてもこのように長さを選べなかったりするので便利であり、不便な部分もありますよね。


こうして手を加えることでその方にピッタリな長さになり、より快適に日常で使っていただけることのお手伝いをできることが嬉しいです。

長さが合わないから押入れの中にしまいっぱなしにするのではなく、きちんと物と向き合ってあげているその心は見習わなくては…!と思いました。


こちらのショルダーベルトはミシン縫いのものだったので、糸は細め、緩めに縫われていました。

糸が切れないように少しずつ手で丁寧に解いていき…
指定の長さの部分で何度も締めながら返し縫いを施し、糸がほつれてこないように工夫をしました。

簡単なようで神経を使う手仕事ですが、今後この子が活躍するだろうと思うと嬉しいですね(^^)








そんな憧れの彼女は一湊珈琲のあの可愛いお方。

ここの珈琲はもちろん、バナナジュースがとっても美味しくて、それにエスプレッソをかけて…なんて大人な飲み方も紹介していただきました。

布引の滝と緑を眺めながら至福の時間。





一湊珈琲、屋久島にいらしたら是非。

ここは美味しくて、癒される、幸せな時間が流れています。。。

一湊珈琲
http://www.yakushima-marche.com/cust-spot/5771/





またまた依頼者様からたくさんの事を学んだ貴重な体験となりました。





ありがとうございます🙏






そしていつも最後までブログを読んでくださってくれているそこのあなた様!

感謝です(*^^*)🙏







ariga-toのものづくりに関するお問い合わせはこちらにお願いいたします。
arigato.yakushima@gmail.com
LINE ID: yakuumi
革cafe“arigato”




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ariga-to

Author:ariga-to
こんにちは。
屋久島でひっそりと革作家をしております。

革は私たちの食事の副産物です。
私たちの心や体のエネルギーとなってくれた貴重な命を
廃棄することなく生活の中で使い続けてほしいと思っています。

そんな思いを込めて、革は人工の過程を一切加えていない天然のタンニン鞣しのものにこだわっております。

タンニン鞣し特有の発色の革になります。百貨店に並ぶような人工発色の鮮やかな色目のものはありませんが、革本来の質感や色をいかしたぬくもりと深みのある味わいを楽しんでください。

縫製はすべて手縫いです。革を磨く作業からはじまり、ステッチの部分にはあらかじめ溝を入れることで糸は切れにくくなっております。
丁寧に丹念に心をこめてお作りしております。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。