FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私がブログを書くようになったきっかけ。

「買う人は人を見てると思う。」





その一言からでした。





こんばんは。
革cafe“ariga-to”のMAIです。





買う人は人を見てる…



確かに同じくらい美味しい素敵な店構えのお料理やさんがあったら、店主の人柄の良い方に行きたくなります。



私はアレルギー持ちですが耳鼻科へ行くときは病院を選べるならば親身になってくれる優しい先生のところへ行きます。



私はダイビングサービスも営んでいるけれど、自分がお客さんだったならば、そりゃもちろん人柄の良いガイドさんのお店へ行きます。




上記は思い切り人と接するサービス業なので、いわゆる人を見て選ぶ…ということが分かりやすいですが…





では革製品は?
私がどんな思いを込めて作品を作り、日々どんな価値観で生活をしていて、何の心を大切にしながら生きているのか…
買い手と話す事もできなければ、顔を見て目を合わす事もできません。
ハンドメイドサイトやネットショップでは購入の手続きくらいまで進まないと詳細をやり取りするまで行く事は滅多になく、やり取りも簡潔なもので終わったりします。




そういうわけで、私はブログを始めました。






ブログは私が表現することができるありがたい場所です。





どうかこの場を通して1人でも多くの人にariga-toの作品のことを、ariga-toの思いを伝えることができたらと思っています。






ハンドメイドサイトやネットショップでは、まだまだ長財布などの大きめの作品は動きません。



それでも、私は常に長財布のオーダーを受け、作り続けています。



それはダイビングのお客さまだったり、前職のつながりの方だったりです。



まだお店を立ち上げて間もない私にオーダーを依頼してくださる、それはまぎれもなく、私という人間を見てくださっているんだと思っています。





とてもありがたいことです。感謝です。





そんな知人からのオーダー長財布、5(代半ば男性からのデザインと色の組み合わせのリクエストのものが出来上がりました。








私には思いつかない色の組み合わせでした。
こうしていつもお客様からヒントをいただいています。

ありがとうございます。


ariga-toのものづくりに関するお問い合わせはこちらにお願いいたします。
arigato.yakushima@gmail.com
LINE ID: yakuumi
革cafe“arigato”







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ariga-to

Author:ariga-to
こんにちは。
屋久島でひっそりと革作家をしております。

革は私たちの食事の副産物です。
私たちの心や体のエネルギーとなってくれた貴重な命を
廃棄することなく生活の中で使い続けてほしいと思っています。

そんな思いを込めて、革は人工の過程を一切加えていない天然のタンニン鞣しのものにこだわっております。

タンニン鞣し特有の発色の革になります。百貨店に並ぶような人工発色の鮮やかな色目のものはありませんが、革本来の質感や色をいかしたぬくもりと深みのある味わいを楽しんでください。

縫製はすべて手縫いです。革を磨く作業からはじまり、ステッチの部分にはあらかじめ溝を入れることで糸は切れにくくなっております。
丁寧に丹念に心をこめてお作りしております。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。