FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

京紫のヤクシカ

赤み寄りの紫を『京紫』青み寄りの紫を『江戸紫』と呼びますが京紫のヤクシカ只今ショーケースにおすましして座っております。ariga-to...

続きを読む

インディゴ・ヤクシカ、硬派に。

インディゴ・ヤクシカいつもよりパシッと硬めに鞣したヤクシカレザーです。スマートな名刺入れに最適です。ariga-to...

続きを読む

クラッチバッグ風ヤクシカ長財布

超超超大容量なクラッチバッグ風・長財布ぬくもりのあるヤクシカ・アースカラーにネイビーのスパイスが効いてます。ショーケースにございます。ariga-to...

続きを読む

贈り物にヤクシカのキーケースを。

贈り物にヤクシカのキーケースを。ツノと屋久杉のボタンその圧倒的な存在感に屋久島の恵みをぎゅっとつめこんで。数ある革製品の中でヤクシカを選んでくれて心からありがとう!ariga-to...

続きを読む

1枚仕立てのヤクシカ

ヤクシカは野生レザーなので個体により革の厚みが様々なのです。オスの大きな個体で革に十分に厚みがありそしてそれを柔らかくかつしっかりと鞣してくださるタンナーさんの魔法の手にかかると…長財布を1枚仕立てで仕上げることができるのです。やはり1枚仕立てはシンプルでスッキリしていて好きです。市販の牛革では当たり前のことが野生のヤクシカでは通用しないのが、もどかしくて面白いとこ。革がやや薄めの子は革を2枚貼り合わ...

続きを読む

命のすべてを。

ヤクシカの『ネック・コインケース』と名付けたこの子たち。ニホンジカやエゾシカと違って個体が小さなヤクシカは、革の厚みがそんなに分厚くはありません。ただし、オスはケンカをするので首の部分の皮が分厚く成長しています。その首の部分のみでお作りしたネック・コインケース。個体によってはコインケースとして1つ分だけしか取れなかったり、全くとることができなかったり。とっても希少価値の高いコインケースとなっており...

続きを読む

ヤクシカ・泥染め

屋久島からトカラ列島を経て南に下がること◯◯時間…屋久島よりも陽気な、でも沖縄ほど強い陽気ではない、とても心地の良い、陰と陽のバランスがとれている奄美大島。そんな奄美にてヤクシカの革を泥染めしてきました。タンニンで鞣したヤクシカの革、そのタンニン(植物の渋)と泥の鉱物との魔法の反応により、それは深い深い素晴らしい色味をつくりあげてくれます。鹿児島の離島の恵みにありがとうございます。染めるたびに色味が...

続きを読む

岳参りの花

標高高い冷気のあるところでしか育たないから、きっと里では根付かない。シャクナゲの花。少しの間ariga-toにおります。...

続きを読む

プロフィール

ariga-to

Author:ariga-to
こんにちは。
屋久島でひっそりと革作家をしております。

革は私たちの食事の副産物です。
私たちの心や体のエネルギーとなってくれた貴重な命を
廃棄することなく生活の中で使い続けてほしいと思っています。

そんな思いを込めて、革は人工の過程を一切加えていない天然のタンニン鞣しのものにこだわっております。

タンニン鞣し特有の発色の革になります。百貨店に並ぶような人工発色の鮮やかな色目のものはありませんが、革本来の質感や色をいかしたぬくもりと深みのある味わいを楽しんでください。

縫製はすべて手縫いです。革を磨く作業からはじまり、ステッチの部分にはあらかじめ溝を入れることで糸は切れにくくなっております。
丁寧に丹念に心をこめてお作りしております。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。