FC2ブログ

記事一覧

世界に一つだけのお財布

『長く使える世界に一つだけの財布が欲しくなったんだよ。』そう言いながら長財布のオーダーをしてくださったのは、私が屋久島に移住したてホヤホヤの頃、よく一緒にバーベキューをしてくれた、今でも面倒を見続けてくれる仲良しの隣のお兄さんです。当初『お財布は安いのを毎年買い換えてるんだよ。』と言っていた彼ですが、ariga-toのショーケースを見て価値観が変わっていったようです。実店舗をオープンした時には正直言って島...

続きを読む

竹取物語・かぐや姫財布

屋久島の山ガイドさんがお選びになったヤクシカの革と三日月のボタンです。菜の花色の長財布、お作りしながらとても愛着がわくものです。出来上がってからお渡しするまでの間ショーケースに飾っては何度も見つめてしまう、それはまるで月に帰るかぐや姫を見つめる翁でした。これからオーナー様とともに、たくさんの旅人と出会って味わい深く育つのだよ👍✨本日無事にお渡しすることがでしました。ありがとうございます。ariga-to‪080...

続きを読む

エイジング

すっかり夏日が続く屋久島です。美しい緑と青い空に囲まれながら今日も幸せな島ぐらしをしておりました。ショーケースの中に座っている素のヌメ革でお作りした島財布です。植物のタンニンで鞣してあるだけの素の革、革の中でもとりわけ味が出やすくなっております。ariga-to唯一のヌメ革。いったいどのような方の元へお嫁にいくのだろうとドキドキしてます。すっかり親の気分です。屋久島北部、ガジュマル公園近くのariga-toにてご...

続きを読む

アンティーク・ネイビー・真鍮ボタン

『アンティーク・ネイビー・真鍮ボタン』ネイビーとは『海軍』のこと。フランスの100年以上前の芯まで真鍮製アンティークボタンです。海軍の制服用のために作られたこのボタンは長い年月を非常に良い状態で保存保管されてきました。芯まで真鍮素材なので、これから空気に触れ、手に触れ、水分に触れ、革とともに味わい深くエイジングをしてくれます。ビーズも全て真鍮製です。栃木レザーブラックに真鍮を。国内最高峰タンナー栃木...

続きを読む

開店祝にariga-to

今日は1日恵の雨をいただいた屋久島。そんな日は小さな畑の野菜たちの成長がいちじるしく目に見えます。GW中は、とってもありがたいことにショーケースにあったヤクシカのお財布たちが海を渡りました。昨日今日と新たにショーケースにデビューする海色のお財布をつくり続けております。引き合うボタンはどれなのか。ヤクシカツノと夜光貝の三日月ボタンを合わせながら。その時です。お店の扉がガラリとあいて、『いらっしゃいませ...

続きを読む

屋久鹿、島から島へ。

屋久島の春~初夏にかけて私は世界一美しい世界だと思っています。咲き乱れる山桜に新緑そして…木苺の季節です。ランニングしててもランニングにならないのです。道の両脇から赤い可愛いこの子達が誘惑してくるものでして。さて今日は島財布が島へ渡りました。沖縄です。近いようで遠い沖縄。気候も文化も何もかも全く遠いです。その距離をこえて今日海色の島財布が海を渡りました。今日も感謝の気持ちにあふれた日となりました。a...

続きを読む

色の表現とは

色の表現とは非常に複雑で緑一つにしても新緑のような緑、苔のような緑、深いダークな緑、色イロイロとあります。この茶色のヤクシカレザーの色をどう表現したら良いのか迷っています。獣色と言ってみたりヤクシカ色と言ってみたり。ただ『茶色』と表現する時もあったり。『山岳と空と三日月』という名前がピッタリなヤクシカのツノと夜光貝のボタンをあしらってariga-to店頭にてスタンバイしております。是非にご覧くださいませ。...

続きを読む

営業時間についてのお知らせです。

営業時間についてのお知らせです。OPEN:15時~17時とお知らせをしておりましたが、結局朝から晩までほぼお店(アトリエ)で作業をしておりますので、いるときはOPENにしております。島の北側におこしのさいにはariga-toにもふらりと立ち寄ってみてください。営業時間を10:00~18:00臨時休業はホームページでお知らせに改めさせていただきました。よろしくお願い申し上げます🙏ariga-to‪080-5309-5213‬〒891-4204鹿児島県熊毛郡屋久島...

続きを読む

屋久鹿、海を渡ります。

お財布の買い替え時って、やはりタイミングだったりするものです。今日は、そろそろお財布の変え時かな…と思いながら屋久島に旅行でいらっしゃった方がふらりとariga-toに立ち寄ってくださいました。苔色のヤクシカレザーの長財布に一目惚れをしてくださいました。『三日月と山岳』という言葉がピッタリなボタンをおつけして、お名前の刻印を入れて。あと3日間、屋久島の空気を吸い込んだら、オーナー様と一緒に海をわたります。屋...

続きを読む

実はとっても便利なコードホルダー

家の中でコードって地味に邪魔で見た目は可愛くないし全てがコードレスならどんなにラクかと何度思ったことでしょう。(掃除機かける時など特に。。。)ariga-toのアトリエはコード類がスッキリしております。4種類の大きさのコードホルダーを使い分けて、スッキリ収納。特にこの大きなコードホルダーには助けられています。スッキリだけでなく、可愛いんです♡お部屋の中の雰囲気が明るくなります。小さなイヤホンや携帯充電コード類...

続きを読む

プロフィール

ariga-to

Author:ariga-to
こんにちは。
屋久島でひっそりと革作家をしております。

革は私たちの食事の副産物です。
私たちの心や体のエネルギーとなってくれた貴重な命を
廃棄することなく生活の中で使い続けてほしいと思っています。

そんな思いを込めて、革は人工の過程を一切加えていない天然のタンニン鞣しのものにこだわっております。

タンニン鞣し特有の発色の革になります。百貨店に並ぶような人工発色の鮮やかな色目のものはありませんが、革本来の質感や色をいかしたぬくもりと深みのある味わいを楽しんでください。

縫製はすべて手縫いです。革を磨く作業からはじまり、ステッチの部分にはあらかじめ溝を入れることで糸は切れにくくなっております。
丁寧に丹念に心をこめてお作りしております。