FC2ブログ

記事一覧

幻想的なボタン と 島財布海を渡ります。

屋久島の山ガイドさんがお財布のオーダーにご来店してくださいました。ガイドさんがお選びになったボタン、流石です。とても幻想的です。ヤクシカのツノベースに夜光貝で形づくった三日月のボタンです。何と幻想的な空の模様なのでしょう。お財布の製作に入らせていただくのがとても楽しみです。それまでは今しばらく島財布の製作が続きます。ヤクシカレザーの島財布が島外の方々に少しずつ愛されつつあり、とっても嬉しく思ってお...

続きを読む

ヤクシカレザー『桜色の空と三日月』のお財布

「屋久島が大好きで故郷になっています。間もなく娘と孫3世代で里帰りしますのでariga-toに寄ります。」という連絡をくださりご来店してくださいました。嬉しいかぎりです。オーダーをいただいていたヤクシカレザーの長財布が本日完成いたしました。ヤクシカレザーの桜色をチョイスしてくださり、ボタンは空に三日月が浮かぶヤクシカのツノと夜光貝のボタンを。それはまるで『朝焼けの空に三日月』。もしかしたら『夕焼け』の空か...

続きを読む

小さな革小物たち。この子たちがさらにヤクシカのツノビーズと繋がって、ブックマークやキーホルダーになります。小さなものですが…切ったり、磨いたり、縫ったり、繋げたりと…一つ一つに手間も時間もかけております。小さな革小物たちは、屋久島内のおみやげ屋さんに置かせていただいております。今日は納品の日でした。納品の合間に素敵カフェへ立ち寄り一息を。目と心を奪われる素敵なカップで美味しい珈琲を。私はやっぱり青が...

続きを読む

ヤクシカの『三日月と空のお財布』

この『三日月と空』のボタン。ヤクシカのツノと屋久島の夜光貝でお作りした三日月と空のボタン。このボタンを顔にヤクシカレザーの桜色でお財布のオーダーをしてくださいました。出来上がりを想像すると、それはまるで朝焼けの空に三日月。写真:T.shin完成まで数日を要しますが、じっくりと丁寧に、屋久島の恵みにありがとうをこめながら。ariga-to清水舞‪080-5309-5213‬〒891-4204鹿児島県熊毛郡屋久島町志戸子181-56arigato.yaku...

続きを読む

ヤクシカレザーのコロンとまぁるいキーケース

ただ今ariga-to店頭にて色イロイロと取り揃えております。ariga-to清水舞‪080-5309-5213‬〒891-4204鹿児島県熊毛郡屋久島町志戸子181-56arigato.yakushima@gmail.comhttp://www.ariga-to.comOPEN:15時~17時定休日:火曜日...

続きを読む

平面から立体へ

1枚の平面な布から洋服が出来上がることも1枚の平面な板から家が出来ることも1枚の平面な革からお財布が出来ることもものづくりとはとってもワクワクするプロセスだと思います。このカットした革からお財布が出来上がりました。カード8枚収納折りたたみ財布です。楽しい製作の時間をありがとうございます。ariga-to清水舞‪080-5309-5213‬〒891-4204鹿児島県熊毛郡屋久島町志戸子181-56arigato.yakushima@gmail.comhttp://www.ariga...

続きを読む

ヤクシカレザーのシンプルな長財布

ariga-toのお店に飾ってある絵画。『にじのあとりえ』さんの作品です。屋久島の海と森を。屋久島の夜と昼を。屋久島のいいとこすべてが描かれているこの絵が大好きです。ものづくり。ヤクシカレザーのシンプルな長財布が出来上がりました。カード6枚収納。お札の部屋2部屋、ファスナーの部屋。スマホも入ります。アクセサリーにヤクシカの角ビーズと真鍮を。それぞれヤクシカレザーとともに経年変化をいたします。さて今日から折り...

続きを読む

桜の木のしたで。ヴィンテージボタンが光る長財布

とうとう葉桜になってしまった屋久島ですが、わたくし葉桜が大好きなのです。淡いピンクと新緑の組み合わせ、何だか心がすーっとします。今日は桜の木の下でヨガを🙏シャバアーサナの時に見えた景色は最幸🌸新緑の若い緑が好きですが、もちろん湿った苔の色も大好きです。屋久島の苔色、ヴィンテージボタンが光る長財布です。フランスのヴィンテージボタンがお財布の顔となった、鹿紐でくるりと留めるariga-toの看板財布です。表革:...

続きを読む

kiinaのソイラテ

最幸に気持ち良いお天気の屋久島です。志戸子ガジュマルトンネルも少しずつ少しずつ緑が増えていってるようにみえます。朝起きると、ふと、しんどさのようなダルさのような気配を感じました。そんな時は志戸子のkiinaへ。最近お気に入りのソイラテ。美味しいし、ここへ来ると元気が出ます。さて今日からヤクシカレザーのシンプルな長財布の製作に入ります。ボタンと鹿紐を使わないバージョンになります。良き夕方を。ariga-to清水...

続きを読む

三日月と海のお財布・完成

オーダーをいただいていた三日月と海のお財布が完成いたしました。ビーズにはヤクシカのツノと屋久杉を。屋久島ご旅行のスケジュールにariga-toを入れてくださってたようで、到着早々に足を運んでくださいました。いつもは緑系のものを選ぶ彼女が、新しい色に挑戦してくださいました。革を広げて一緒に熟考。ボタンはヤクシカのツノと屋久島の夜光貝でこしらえた三日月と海のボタン。山のイメージな自分に新しく海の風を吹かせてみ...

続きを読む

プロフィール

ariga-to

Author:ariga-to
こんにちは。
屋久島でひっそりと革作家をしております。

革は私たちの食事の副産物です。
私たちの心や体のエネルギーとなってくれた貴重な命を
廃棄することなく生活の中で使い続けてほしいと思っています。

そんな思いを込めて、革は人工の過程を一切加えていない天然のタンニン鞣しのものにこだわっております。

タンニン鞣し特有の発色の革になります。百貨店に並ぶような人工発色の鮮やかな色目のものはありませんが、革本来の質感や色をいかしたぬくもりと深みのある味わいを楽しんでください。

縫製はすべて手縫いです。革を磨く作業からはじまり、ステッチの部分にはあらかじめ溝を入れることで糸は切れにくくなっております。
丁寧に丹念に心をこめてお作りしております。