FC2ブログ

記事一覧

お揃いでマリンな長財布ができあがりました。

こんばんは。ariga-toのMAIです。すっかり夏の屋久島ですが、屋久島の夏は爽やかで大好きです。夜なんて心地よい風が吹いて、そのまま外でゴロンと眠ってしまいそう。先日マリンなお財布をカップルでお色違いでご購入してくださいました。グリーンとブルー。どちらも全体的にシボのあるマットな質感の革です。 お二人のお名前を刻印を入れて。嬉しいですね(^^)どんな素敵なお二人がこのお財布を持ち歩いてくださるのだろう…と想像...

続きを読む

屋久鹿の革小物

こんばんは。ariga-toのMAIです。革作家になった時の私の夢。それは屋久鹿の革でものづくりをすること。屋久島の固有種ヤクシカ。ヤクシカは屋久島の看板娘です。本州の鹿よりもだいぶと小ぶりのヤクシカは大人の鹿でも子供みたいに可愛らしい。顔も小さくとっても美人さんが多い。ヤクシカを見るために林道へ入る観光の方もたくさんいらっしゃいます。そんなアイドル的存在のヤクシカですが、実は島の農家の方々はヤクシカに頭を...

続きを読む

名付けて、地中海の貴婦人長財布。

こんにちは。ariga-toの舞です。屋久島は梅雨明け後良いお天気が続きすぎて、つい畑の水やりを忘れるとすぐに葉が黄色くなってきています。あぶない。あぶない。雨の多い環境に慣れていたので、お水やりは自然任せでした。毎日夜中に雨が降ったらいいのに。…なんてズボラなことを考えてしまったり。。。さてここ最近楽しく製作をしていたariga-toのとっておきオーダーメイドのお財布が出来上がりました。イタリアのステンドグラス...

続きを読む

楽しい時間と感謝の気持ちと。

こんばんは。ariga-toのMAIです。海の日連休なのでダイビングのゲストで賑わっています。海上がりに夏野菜のランチ。只今ariga-toとっておきのオーダーメイドのお財布の製作中です。お客様と写真で革の色やボタンのデザインなどをやりとりしながら。この時間がとっても楽しいです(^^)そして先ほどお財布を購入していただいた方から嬉しいお便りが届きました。台湾在住で今後ベトナムに住みことになる日本人の方です。ベトナムは貨...

続きを読む

オーダーメイドの革小物が完成

こんにちは。ariga-toのMAIです。オーダーメイドの革のお財布、コインケース、カードケースが完成いたしました。ご依頼者様はダイビングのお客様です。デザインは依頼者様。私は型紙おこして作る人。アクセントにお名前の刻印入りのベージュキャメルの革が効いてます。折りたたみ財布は市販ではなかなかない、カード8枚収納です。すっかり夏日が続く屋久島、こんな時のダイビングのランチはカレーでいっときましょう!ジャガイモの...

続きを読む

今日は暴風雨、飛行機もフェリーも欠航の屋久島です。ariga-toのMAIです。お財布などを作っていると半端な革の端切れができます。薄い革でも捨てることのないように、コードホルダーに変身させたりと工夫をしています。コードホルダーにもできない小さな革でキーホルダーを作りました。屋久島の固有種、ヤクシカの刻印入りです。薄い革を2枚貼り合わせて縫製しています。ariga-toが使っている革は人工的な過程を加えていないため、...

続きを読む

嬉しいレビューやメッセージに励まされています。

こんばんは。ariga-toのMAIです。真夏の夜…屋久島は夜になると涼しく快適です(^^)虫の声に癒されながら物作りをしています。minneにて嬉しいレビューやメッセージをいただき、日々の物作りの活力になっています。こちらのコンパクトな便利お財布をご購入してくださった方からのレビューです。設計の事にまで気づいてくださるなんて、本当に嬉しいです。単純な形ですが、これを商品化するまで、いくつもの試作を作りました。試行錯...

続きを読む

ものを大切に使うということ。

こんにちは。 今日も暑い屋久島からariga-toのMAIです。先日、島でひそかに憧れをいだいている女性の方から依頼メールをいただきまきた。ショルダーバッグのショルダーの長さを短くして欲しいとのことでした。その方が前にインターネット上で書かれていた『屋久島、旅のツボ』という屋久島のお店を紹介している記事が大好きで楽しみに拝見しておりました。何気ない田舎の屋久島のお店が彼女の書く文章でとっても輝くものに大変身。...

続きを読む

久々型紙作り

こんにちは。アッツイ屋久島からariga-toのMAIです。ここしばらく同じ形のお財布のオーダーが重なり、この1週間はひたすら同じ作業。とても革作家とは言い難い仕事のスタイルでした。ラッシュもおさまり、やっとこさオーダーメイドのお財布に取り掛かっております。計算をして一から型紙を作り、革をカットしていく…。やっぱり楽しいなぁ(*^^*)屋久島の一湊珈琲にて。バナナジュース・エスプレッソがけがたまりません。布引の滝と...

続きを読む

自分へのご褒美

こんにちは。ariga-toのMAIです。屋久島はとうとう梅雨明けなのかな?と感じる今後晴れマークが続く週間天気予報です。今年の梅雨は穏やかでした。…とはいっても雨の多い屋久島なのでよく降りました。ダイビングにいらっしゃるお客様には雨が降っていると申し訳ない気持ちになりますが、この雨の多い環境が屋久島の大自然を作り上げてくれています。お客様にはごめんね~…っと思いながらも、雨にはありがとう~…って感謝をしながら...

続きを読む

プロフィール

ariga-to

Author:ariga-to
こんにちは。
屋久島でひっそりと革作家をしております。

革は私たちの食事の副産物です。
私たちの心や体のエネルギーとなってくれた貴重な命を
廃棄することなく生活の中で使い続けてほしいと思っています。

そんな思いを込めて、革は人工の過程を一切加えていない天然のタンニン鞣しのものにこだわっております。

タンニン鞣し特有の発色の革になります。百貨店に並ぶような人工発色の鮮やかな色目のものはありませんが、革本来の質感や色をいかしたぬくもりと深みのある味わいを楽しんでください。

縫製はすべて手縫いです。革を磨く作業からはじまり、ステッチの部分にはあらかじめ溝を入れることで糸は切れにくくなっております。
丁寧に丹念に心をこめてお作りしております。