FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

Ananda Chillage アナンダチレッジ 屋久島のヨガスタジオ

革cafe“ariga-to”のMAIです。ものづくりをしていると、どうしても背中が丸まって身体が凝り固まってきます。最近のわたしの自分へのご褒美はここ。スムージー屋さんじゃないですよ。ヨガスタジオです。Ananda Chillage アナンダチレッジhttp://anandachillage.com家からは少し遠くて車で1時間かかりますが、道中は屋久島の大自然が美しく気持ち良く、歌をうたいながらドライブをしているとあっというまです。アナンダチレッジ、海...

続きを読む

今日の屋久島と今日のものづくり。

こんばんは。革cafe“ariga-to”のMAIです。梅雨真っ只中の屋久島ですが、今日は青空が広がっています。お店近くのガジュマルトンネル。今日のダイビングランチは、滞在中に1度は食べていただきたい『屋久うどん』でした。トビウオのつきあげや、さば節など、島の恵みがいっぱいのおうどんです。さて今日から以前勤めていた職場の先輩からのオーダーに取り掛かっています。とてもコンパクトなのに、お札もカードもコインも入るとって...

続きを読む

ものを大切に使い続けること。心を込めて丁寧につくること。

革cafe“ariga-to”のMAIです。今日のものづくりは、大切に大切に使い続けられている帆布カバンのハンドルの修理補強のオーダーです。届いたカバンのハンドルを見てビックリ。かなりの重症ですな、こりゃ…。before ハンドル全てを変えずに帆布のハンドルは残したまま手で持つ所のみ革で補強したいいというご希望なので、厚めの革を2枚はりつけて縫製することにしました。 after革を裁断したら、革の角の面取りをします。こうすること...

続きを読む

ものを大切に使い続けること。

革cafe“arigato”のMAIです。今日は早朝からダイビングのランチの準備。1日永田という遠いエリアで潜るのでランチも外でピクニック。ピクニックな日に多いベーグルサンド。自家製鶏ハムとドライカレーのベーグルサンドです。焼きたてのベーグルはとっても美味しくてついつい味見ってことで1つ丸ごと食べちゃいます。自家製鶏ハムがこんな感じでサンドされ、お野菜も一緒にのっかります。そして民宿までゲストをお迎えに行って、海へ...

続きを読む

美味しいランチを作りながらカッコ良い長財布を完成!

こんにちは。今日はダイビングゲストの美味しいランチを作りながらも、良い感じに長財布の製作が進みました。どちらも心を込めてお作りしております(^^)こちらが出来上がった長財布です。 そうです。革作家をはじめたてにオーダーをしてくださったあのダイバーとあの時に話し合って出来上がったお財布のイメージかariga-toの商品になっているのです。海好きの人たちの好みがariga-toのコンセプトを作り上げてくださいました。...

続きを読む

1番はじめにお客様になってくれた方のおはなし。

この春に革作家としての仕事をはじめて、1番はじめにオーダーをしてくれた方のお財布の話です。わたしが営んでいる屋久島のダイビングサービスの常連の方です。大阪人でね、いーっつも笑っていて、その方の口からマイナスな発言とか愚痴とか陰口とか一切聞いたことがないのです。とってもとっても大好きな人。その方がいきなり大容量の長財布のオーダーをしてくださいました。なんと作家なりたての私にお財布オーダーです。どれく...

続きを読む

屋久島、革cafe“ariga-to”ブログはじめました。

こんばんは。屋久島でダイビングサービスの女将をしながら革の生活雑貨を作っているariga-toと申します。 革製品の製作のことダイビングのお昼ごはんのこと屋久島での日々の暮らしのことできるだけ毎日アップしていきたいと思っています。よろしくお願いいたします(^^)...

続きを読む

プロフィール

ariga-to

Author:ariga-to
こんにちは。
屋久島でひっそりと革作家をしております。

革は私たちの食事の副産物です。
私たちの心や体のエネルギーとなってくれた貴重な命を
廃棄することなく生活の中で使い続けてほしいと思っています。

そんな思いを込めて、革は人工の過程を一切加えていない天然のタンニン鞣しのものにこだわっております。

タンニン鞣し特有の発色の革になります。百貨店に並ぶような人工発色の鮮やかな色目のものはありませんが、革本来の質感や色をいかしたぬくもりと深みのある味わいを楽しんでください。

縫製はすべて手縫いです。革を磨く作業からはじまり、ステッチの部分にはあらかじめ溝を入れることで糸は切れにくくなっております。
丁寧に丹念に心をこめてお作りしております。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。